富田林市農業公園サバーファーム  
葉ぼたん
アブラナ科のハボタンは、結球しないキャベツが品種改良して生まれたものとされ、カリフラワーやブロッコリーも同じ仲間です。もともとはヨーロッパ原産で、オランダから日本へやってきたのは江戸時代。当初は「ボタンナ」と呼ばれ、野菜として紹介されたのですが、紅白の彩りが縁起のよいことと、耐寒性に優れているので、明治時代には冬の観賞用植物として、もてはやされるようになりました。お正月に門松の飾りとしてよく見かけます。
名前が示すとおり、鑑賞しているのは葉の部分で、ナノハナのような花が春に咲きますが、鑑賞の対象とはされません。

花言葉は「物事に動じない」。
今ではたくさんの品種が誕生しているハボタンですが、サバーファームで植栽しているのは、ハトツグミの2種。ハトは葉が丸いハボタン。ミニサイズのツグミは、白い葉の中央部がピンクに染まるたいへんお正月らしいハボタンです。
毎年、サバーファームでは干支をハボタンで描くことにしています。デザインも植栽もすべてスタッフの手作り。縁起のよい力作を、ぜひ見にきてくださいね。